診療内容

小児歯科について

小児歯科 「子どもの歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、そのままでも大丈夫かな?」
そんな風に思ってらっしゃる方はいらっしゃいませんか?
子どもの歯は永久歯の歯並びはもちろん、成長期のカラダの発育にも影響するという事をご存知でしょうか?


子どもの歯(乳歯)の役割について
  • 食べ物を前歯で切り、奥歯でつぶすという食べる機能。
  • 発音機能(例:「たちつてと」などは前歯を使って音を出しています。)
  • あとから萠出する永久歯の位置を導いたり、場所を確保します。
  • 噛むことにより、顎の筋肉や骨の発達を促します。

子どもの歯の虫歯の特徴
  • 1度に多くの虫歯ができる。
  • 永久歯より虫歯の進行が早く、数ヶ月で神経まで病んでしまう。
  • 自覚症状が不明確で、痛むことが少なく、進行してしまう。

乳歯が永久歯の生みの母とも言われるように、丈夫な乳歯を育てることが、健全な永久歯の育成へと繋がります。 乳歯が生えたときには、すでに顎の中では永久歯も育ち始めているのです。
小児歯科で1番大切なことは『予防』であると当院は考えております。
当院では治療以外にも親御さんも含めた歯みがきのトレーニングなども行っております。
正しい歯のみがき方に関しては【こちら】をご覧下さい。


お子様のはじめての歯科医院来院について

小児歯科はじめての歯科治療のために来院するお子様は、ある程度の不安や恐怖心をお持ちになられてると思われます。成人の大人でさえも歯科治療は苦手という方が多くいらっしゃいます。ましてや、幼いお子様にとっては不安に押しつぶされてしまうようなお気持ちだと考えられます。
初めて体験する機械音、見たこともないような器具の数々、これから痛いことをされるのではないだろうかと考えてしまっても不思議ではありません。その結果、泣いてしまうお子様も少なくはありません。
しかし、泣いているお子様に無理やり治療を施すことは得策ではありません。「歯医者ってそんなに嫌なところじゃないんだな…」と思っていただければ、本当に痛くなるまで来院を我慢してしまうような人に育つ確立はかなり少なくなると思われます。
幼いお子様への歯医者への印象を少しでも良いものにするために、治療をがんばれる勇気を得るために、お子様の「心の成長」を含めた治療を行っていきたいと考えております。



シーラント治療

奥歯はお子様の歯の中でも特に大切な部分です。同時に、歯みがきの難しい歯でもあります。お子様の歯は溝が深いことが多いので丁寧にブラッシングしたつもりでも汚れが溜まりやすく、そこからむし歯が発生してしまう場合がございます。
シーラント治療はこの「奥歯の溝」をむし歯になる前に、お薬で溝を埋めてむし歯菌の歯の内部への侵入を防ぐ治療です。このシーラントの材料の中には、フッ素の成分も入っており、歯質を強くする働きもございます。
※シーラントの費用は、初期のむし歯と診断された乳歯、生えたての永久歯は健康保険が適用されます。