診療内容

インプラント

歯インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。失った歯の修復法として、従来はブリッジで固定する方法、取り外し式の部分的な入れ歯が利用されてきました。
しかし、こういった代用物には隣の健康な歯を削らなければならなかったり、取り外しが面倒、違和感があるなどといった問題がありました。インプラント治療は、埋め込まれたインプラントが骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も患者さんに合わせて1本づつ制作しますので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変りません。



インプラント治療を受ける前に

インプラント治療を受ける前に大切なことがあります。
インプラントの素材はチタンでできていますので、とても丈夫です。天然の歯と違って、インプラントが虫歯になることはありません。しかし、いわゆる歯周病のような状態になる可能性があります。
その理由として、歯周病のある状態でインプラントを行うことは非常に危険で、歯周病細菌がインプラント周囲の歯肉や骨に感染を起こします。インプラント自体は何ともなくても、インプラントを支えている組織が破壊されてしまいます。

歯周病の検査無しで、インプラントを行うことは無謀なことです。検査の結果、歯周病があれば細菌の除去治療が必要です。 歯周病の治療を行った後でないとインプラントを行うことは危険です。歯がないからと言って、その部位に単にインプラントを行うだけでは長期的に安定した状態を維持することはできないと言って良いでしょう。

近年、インプラントは非常に高い成功率が謳われていますが、 すべてのインプラントがこのような高い成功率を成し遂げているわけではありません。歯科医師の技術や治療方針にかなり左右されます。これからインプラント治療を行うことを希望されている方は、単に歯のない部分にインプラントを行えばよいということではなく、歯周病の検査やその検査に基づいた治療計画があってこそ、インプラントの成功があると思っていただきたいのです。きちんとした検査や治療計画がないのに、インプラントを行うことは非常に危険であることを認識していただきたいと思います。インプラントについて興味のある方は1度当院にお問い合わせ下さい。


従来の治療法との比較

従来は、両隣の歯を削ってブリッジにするのが一般的な治療法でした。両側の歯が既に治療された歯であれば良いのですが、全く健康な歯だったりすると、その健康な天然歯を大きく削ることになり、そのことに抵抗を感じる患者さんも少なくありませんでした。インプラントによる治療法なら健康な歯を傷つける必要がありません。逆に両隣の歯が既に差し歯などになっていて、歯の根やそれを支える骨がしっかりしていて、ブリッジでも十分機能することが出来、見た目にも問題なければ、無理にインプラントにしなくても良いと考えております。