診療内容

PMCT

毎日きちんと歯磨きをしていても、歯ブラシの届きにくい所、汚れが溜まりやすい所が出てきてしまい、完璧に磨くのは難しいのが現状です。
PMCTでは、歯の着色の原因となる細菌の塊(プラークバイオフィルム)を専用機器により丁寧に除去します。
定期的に行うことでむし歯や歯周病を予防することができます。



PMCTはこんな方におすすめです
  • コーヒーやお茶をよく飲む方
    歯の黄ばみとなる成分が多量に含まれているため、着色の原因となります。
  • 喫煙されている方
    タバコのヤニが歯の裏にこびりつき、着色の原因となります。
  • 歯周病が気になる方
    プラークや歯石をキレイに取り除くため、歯周病の予防になります。

PMCTについて詳しくお知りになりたい方は、どうぞお気軽におたずね下さい。



良い歯ブラシの選び方

歯ブラシ選びは虫歯予防の基本

歯ブラシ効果的なブラッシングのためには、自分に適した歯ブラシで毎日きちんと歯を磨くことが大事です。
歯ブラシの毛の硬さはブラッシングの方法にもよりますが、歯の表面から汚れを落とすには、毛先の硬い方が軟らかいものよりはるかに効果的です。硬い毛の歯ブラシの欠点は、歯茎を傷つけたり、歯の表面を削り取ったりする恐れがあることです。逆に軟らかすぎるものは、汚れを落とす能力に欠けるのが欠点です。
歯ブラシの毛先や柄のサイズはできるだけ小さめのもので、口の中全体に毛先が十分に届くことが大切です。毛の密集したものや動物の毛は乾燥しにくく、不潔になりやすいので、ナイロン毛が良いでしょう。

また、歯ブラシは1カ月に一度取り替えることをおすすめします。また、毛先が開いてしまった歯ブラシは早く取り替えて下さい。もしも1カ月で毛先が開いたりする人は、歯を磨く時に力が入りすぎています。

当院オススメの歯ブラシは【こちら



研磨剤入っていない歯磨き粉を

ドラッグストアにはいろんな歯磨き剤が並んでいて選ぶのに迷いますね。選び方のポイントはリン酸カルシウムなどの「研磨剤」が入っていないもの。研磨剤が含まれているものは、歯の表面をゴシゴシこすったり、使い過ぎると歯が擦り減ってしまいます。歯磨き剤は、大体ブラシの毛の先にほんの少しつける程度で十分です。歯磨きの目的は、歯垢を取り除くことなのです。

当院オススメの歯磨き粉は【こちら

歯ブラシ以外にも様々な歯科グッズがあります。
詳しくはこちらをご覧下さい。




正しい食生活

硬い食品をメニューに加えよう

歯の健康を保つには、いろいろなことが挙げられます。物をよくかむことも、その1つです。現代人の食生活では、とかく軟らかいものばかりを食べるようになりがちです。その結果、あごの筋肉は弱まり、咬合異常やむし歯・歯周病などになりやすくなっています。食事をするときは、何か1品でも、歯ごたえのある硬い食品をメニューに加えたりして、よくかむことを習慣づけてください。



歯の大敵は糖分

糖分 甘い物のとり過ぎも要注意です。体に悪い食品でなければ、歯にとって悪い食品というものはありませんが、糖分だけは例外でむし歯や歯周病の原因になり、ばい菌の生息しやすい環境をつくります。
体にとってはエネルギー源となる有用な糖分も、歯にとってはプラーク(歯垢)を酸性にする好ましからざる存在です。できるだけ控えるようにしましょう。
歯の健康維持に欠かせないポイントは、


  • 糖分を控えること
  • 効果的な歯みがきをすること

の2つです。それほど、甘い物に対する防御は大切なことです。
甘い物は、一度すきになってしまうと、より甘い物を、もっとたくさんといって、抑えがきかなくなってしまいます。
また、親が甘い物好きだと、子どもも甘い物を好むようになり、家族全員がむし歯や歯周病にかかっている、という家庭も多く見受けられます。


歯をつくる食べ物

丈夫な歯をつくるうえで必要な栄養素といえば、すぐカルシウムが思い浮かびますが、カルシウムはタンパク質といっしょにとらないと、からだの中を素通りしてむだになる率が高いのです。また歯を丈夫にするためには、からだ全体が健康でなければなりませんから、その意味でも良質のタンパク質をしっかりとることが必要です。さらに、かみごたえがあり、歯についた食べカスを掃除してくれる食品も、じょうずに取り入れていきましょう。
【カルシウムを多く含む食品】
干しえび、干しあみ、わかさぎ、ごま、かぶの葉、ナッツ類、どじょう、あさり、小松菜、 ゆば、昆布、わかめ、チーズ、油揚げ、豆腐、牛乳、卵黄、きな粉、いわしの丸干し、佃煮など
【タンパク質を多く含む食品】
牛乳、チーズ、卵、豚肉、とり肉、牛肉、レバー、大豆、豆腐、油揚げ、ゆば、 納豆、かつお、あじ、いわし、しらす干し、さけ、さば、まぐろなど

【歯を掃除する食べ物 (食物繊維を多く含む食品)】
リンゴ、にんじん、たけのこ、ほうれん草、春菊、白菜、ひじき、 昆布、わかめ、こんにゃく、寒天、干ししいたけ、きくらげ、いんげん豆、納豆など



むし歯の原因になりにくい食品の見分け方
  • どちらかのマークのついた商品

むし歯の原因となる酸をつくらないことが、厳正な検査によって確認されたものです。ただし「厚生省認可、特定保健用食品」マークは「おなかの調子を整える」などの保健機能についても許可されているので、「むし歯に安心なガム」などの表示の有無もあわせて確認しましょう。


  • 「シュガーレス」「ノンシュガーレス」の表示があるもの。

原材料にむし歯の原因となりやすい砂糖・乳糖・麦芽糖・果糖・ぶどう糖・液糖・水飴などをほとんど含んでいないので、小麦粉などを使った食品以外はほぼ安心と考えられます。また、還元麦芽糖水飴・還元乳糖などが使用されている場合がありますが、「還元」してあるものは大丈夫です。
※表示があるといって、「いくら食べても良い」ということではありません。甘さをおさえた食品も、カロリーは30%~50%減の程度です。きちんとしたルールづくりを前提とした上で、食品表示もお菓子を選ぶ基準の一つに加えてください。



8020運動

健康な歯「80歳になっても20本、自分の歯を保ちましょう」

厚生省と日本歯科医師会では8020運動というキャンペーンを展開しております。
この働きかけは、一生自分の歯で楽しい食生活と健康な日常生活を目標に、子供のころからの正しいデンタルケアと青年期のセルフケアの重要性を打ち出してます。

35歳が曲がり角といわれ、特に歯を失う原因でもっとも多い歯周病。


成人病といわれるこの病気は、日頃の仕事の忙しさに任せて、”暴飲暴食”や”不規則な生活”から少しの痛みや歯のぐらつきなど、見過ごしがちな毎日のチェックが重要です。

食べたらすぐ磨くといった基本的なことも忘れてはいけませんが、例えば、ブラッシングは正しいやり方をしているか、またブラッシングと併用するといいオーラルリンスなど、トラブルを抱えた時は当院にご相談下さい。

当院では口腔衛生指導も行っております。予防はヤル気から始まります。毎日の手入れをしっかり行うためのサポートもさせて頂いております。お気軽にご相談下さい。